HOME > 助成制度

助成制度

助成制度

(公財)かごしまみどりの基金では、県民の緑化意識の向上や県土の緑化推進に資するため、次のような助成事業等を実施しています。

事業名 事業内容
緑の募金交付事業 ①森林の整備
②緑化の推進
③募金活動の推進に関する事業 (注1)
緑の募金事業 ①森林の整備、②緑化の推進に関する事業 (注1)
緑の募金学校の緑整備事業 ①学校林の整備
②学校敷地内の緑化、樹木園の整備等
名木・古木等緑の文化財保全事業 名木・古木等を保全するための診断、保全措置
注1)「森林の整備」:植栽や下草刈り、間伐、歩道整備などの森林整備活動のほか、これらを織り込んで一般県民を対象に行うイベントなどを含みます。
「緑化の推進」:公園や街路、公共的施設等における樹木の植栽のほか、これらを織り込んで一般県民を対象に行うイベントなどを含みます。
ページ先頭へ

事業概要

1. 緑の募金交付事業

市町村みどり推進協議会が行う独自の森林整備や緑化推進活動、募金活動を支援するものです。

〔事業実施主体〕

市町村みどり推進協議会

〔対象となる活動〕

  • (1) 森林の整備
    • 公共性・公益性の高い場所で行う森林整備(造林、下刈り、除間伐など)
    • 森林についての普及啓発を目的とした森林整備活動(林業体験など)など
  • (2) 緑化の推進
    • 学校、公園、公共施設等の緑化
    • 緑化についての普及啓発を目的とした緑化推進活動(植樹イベントなど)
    • 県民(児童・生徒を含む)を対象とした森林・環境教育活動など
  • (3) 募金活動の推進
    • 募金推進のための広報活動、推進事務費など

〔助成率〕

基金に納付した募金額の6/10

〔申請方法等〕

2. 緑の募金事業 (公募方式)

自治会や任意団体など多様な主体が行う森林整備や緑化推進活動を支援するものです。

〔事業実施主体〕

市町村みどり推進協議会、緑化活動に取り組む特定非営利活動法人、任意の森林ボランティア団体、地域自治会、学校(幼稚園、保育園を含む)、その他理事長が適当と認めた者

〔対象となる活動〕

  • (1) 森林の整備
    • ボランティアフィールドで行う森林整備(造林、下刈り、除間伐など)
    • 森林についての普及啓発を目的とした森林整備活動(林業体験など)
  • (2) 緑化の推進
    • 学校、公園、公共施設等の緑化
    • 緑化についての普及啓発を目的とした緑化推進活動(植樹イベントなど)
    • 県民(児童・生徒を含む)を対象とした森林・環境教育活動など

〔助成率〕

標準的な経費の7/10以内

ただし、学校については標準的経費の10/10以内

〔助成額の上限〕

森林の整備 70万円

緑化の推進 50万円

〔応募期限〕

  • 前期 2月1日~5月20日
  • 後期 8月1日~12月20日

〔申請方法等〕

3. 緑の募金学校の緑整備事業 (公募方式)

児童・生徒等の森林・みどりへの理解を深めるとともに豊かな情操を育むため、学校林の整備や学校の環境緑化活動を支援するものです。

〔事業実施主体〕

県内の小・中・高等学校、幼稚園、保育園、PTAもしくはこれに類する団体等

〔対象となる活動〕

  • (1) 学校林整備
    • 学校林で行う植栽、下刈り、除間伐などの森林整備
    • 学校林整備に伴う歩道等の整備、簡易木製施設(ベンチ等)の設置など
  • (2) 学校環境緑化
    • 学校、幼・保育園の敷地内で行う樹木の植栽及びこれに付随して行う花壇整備、簡易木製施設(ベンチ、プランター等)、樹名板の設置など

〔助成率〕

標準的な経費の10/10以内

〔助成額の上限〕

1校あたり 50万円

〔応募期限〕

  • 前期 2月1日~5月20日
  • 後期 8月1日~12月20日

〔申請方法等〕

4. 名木・古木等緑の文化財保全事業

県内各地にある名木・古木等を保全することにより、県民の森林やみどりに対する理解を深めることを目的とするものです。

具体的には、事業申請のあった樹木を診断し、被害の程度や緊急性の高いものについて樹木の保全や土壌改良等の措置を実施するものです。

〔事業実施主体〕

公益財団法人かごしまみどりの基金

〔対象となる樹木〕

地域のシンボルあるいはよりどころとなっているような高齢の樹木

〔経費の負担〕

全額(公財)かごしまみどりの基金が負担

〔事業費の上限〕

1箇所当たりの上限は50万円

〔申請者〕

市町村みどり推進協議会

〔申請期限〕

9月30日

〔申請方法〕

その他の機関・団体が行っている助成事業(参考)
ページ先頭へ