HOME > 緑の少年団

緑の少年団

緑の少年団とは

緑の感謝祭で勢揃いした緑の少年団

みどりの感謝祭で勢揃いした緑の少年団

緑の少年団は、次代を担う子供たちが、緑と親しみ、緑を愛し、緑を守り育てる活動を通じて、ふるさとを愛し、そして人を愛する心豊かな人間に育っていくことを目的とした、自主的な団体です。

緑の少年団は、主に学校を単位として結成されていますが、地域あるいは市町村を単位として結成されているものもあります。

本県で、現在活動を行っている緑の少年団は、56団、1,631人です。

ページ先頭へ

緑の少年団の活動

緑の少年団は、①学習活動(自然観察会や木工クラフトなどを通じて、森林や水、生き物といった自然の有り様についての知識を学んでいきます。)、②野外活動(ハイキングやキャンプ、森の中での遊びなどを通じて自主性や団結・協調性などを身につけていきます。)、③奉仕活動(募金活動、地域での緑化・清掃活動などのボランティア活動を通じて、社会の一因としての自覚をやしないます。)を柱として、それぞれの学校、地域でさまざまな活動を行っています。

また、毎年1回、「緑の少年団活動発表会」において各地域の代表が各々の活動を紹介しあうなど、活動のレベル向上と相互の交流を図っています。

(学習活動)(学習活動)

(野外活動)(野外活動)

(奉仕活動)(奉仕活動)

(募金活動)(募金活動)

(緑の少年団活動発表大会)(緑の少年団活動発表大会)

ページ先頭へ

緑の少年団に対する助成制度

緑の少年団の活発な活動を支援するため、新たに結成する際の団服(ユニフォーム)や団旗の購入に対する助成や、結成した後の交流会への参加や実践活動に対する助成を行っています。

〔実施要領、申請書様式等〕

ページ先頭へ